語彙の理解

日本語学習者が知らない言葉を見たときに、何を手がかりに意味の推測をしているのかを、学習者の母語を用いて調査・収集したデータベース(広義の理解コーパス)です。

調査は国内外の中国語話者80名、ベトナム語話者80名、日本語話者20名を対象に行い、提示文の中のターゲット語について、母語で意味推測をしてもらいました。ターゲット語は、「和語多義動詞」「外来語多義語」「空間・量を表す語」「固有名詞」の4種類です。

コーパスデータや調査方法等は、左側のメニューからご覧いただけます。どうぞご利用ください。

更新日: