文章理解研究

「文章理解研究」では、日本語学習者がどのように文章理解を行っているか、その読解過程を調査・収集したデータや研究を公開しています。

「文章理解研究」の中には、四つの学習者コーパスがあります。「語彙の理解」、「部分の理解」、「全体の理解」、「アイ・トラッキング」です。
各コーパスの概要については、下記をご参照ください。それぞれのコーパスデータや調査方法等については、左側のメニューから各ページへお進みください。

語彙の理解

日本語学習者が知らない言葉を見たときに、何を手がかりに意味の推測をしているのかを、学習者の母語を用いて調査・収集したデータベース(広義の理解コーパス)です。
※一部、日本語母語話者のデータもあります

部分の理解

日本語学習者が、連続する文の関係や複雑な文の構造を、どのように推測したり理解したりしているのかを、学習者の母語を用いて調査・収集したデータベース(広義の理解コーパス)です。
※一部、日本語母語話者のデータもあります

全体の理解

日本語学習者が、文章全体にわたる話題の連続や段落の展開、文章の主題を、どのように推測したり理解したりしているのかを、学習者の母語を用いて調査・収集したデータベース(広義の理解コーパス)です。

アイ・トラッキング

日本語学習者が文章を読む際の視線の動きを物理的に観察することによって、文章理解のプロセスを解明するために調査・収集したデータベース(広義の理解コーパス)です。
※一部、日本語母語話者のデータもあります

更新日: